スポンサーリンク

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターは、

住空間や、商業空間を快適で魅力あるものに作り変えるのが仕事。

つまり、家具、カーテン、照明器具、住宅設備に用いるインテリア関連商品に対する深い知識をもち、

それをベースに「インテリア計画の作成」や「インテリアのアドバイス」などを行います。

女性に人気のある仕事で、

資格試験受験者の8割が女性という特徴ももっています。

 

インテリアコーディネーターの具体的な仕事の場としては、

建築設計会社、住宅設備会社、内装業、

百貨店の店舗運営や装飾部署などがあげられます。

また、新築マンションのモデルルームのインテリアをコーディネートするのも

インテリアコーディネーターの仕事です。

インテリアコーディネーターになるには

STEP1.インテリアコーディネーターの資格を取得する。

STEP2.就職やアシスタントとして実際の現場で経験を積む。

(STEP3. 独立)となるでしょう。

インテリアコーディネーターの資格は

公益社団法人インテリア産業協会が

資格試験を実施し、認定する資格です。

1次試験が10月、2次試験が12月です。
(申し込み期間は7月〜8月)

ヒューマンアカデミー
インテリア講座

タイトルとURLをコピーしました