スポンサーリンク

二十四節気とは

二十四節気とは、

太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分し

約15日ごとに分けた季節のこといいます。

全体を春夏秋冬の4つの季節に分け、

さらにそれぞれを6つに分けて、

節気(せっき)と中気(ちゅうき)を交互に配しています。

 

 

冬至 から始めて黄道を12等分した点を中気といい、

中気と中気の中間点を節気といいます。

 

もともと使われていた

月の満ち欠けに基づいた太陰暦では、

太陽の位置と無関係なため季節の間にズレが生じてしまうため

農作業などでには適さず、

春夏秋冬の季節を正しく知る必要があるため、

中国の戦国時代に「二十四節気」が考案されました。

 

 

日本では江戸時代の暦から使われています。

 

 

このほかに、

雑節というものもあり、

二十四節気を補う意味合いを持っていて、

一年間の季節の移り変わりをより的確につかむことができます。

 

 

季節 節月 節(せつ) 中(ちゅう)
一月 立春(315度、2月4日) 雨水(330度、2月19日)
二月 啓蟄(345度、3月6日) 春分(0度、3月21日)
三月 清明(15度、4月5日) 穀雨(30度、4月20日)
四月 立夏(45度、5月6日) 小満(60度、5月21日)
五月 芒種(75度、6月6日) 夏至(90度、6月21日)
六月 小暑(105度、7月7日) 大暑(120度、7月23日)
七月 立秋(135度、8月7日) 処暑(150度、8月23日)
八月 白露(165度、9月8日) 秋分(180度、9月23日)
九月 寒露(195度、10月8日) 霜降(210度、10月23日)
十月 立冬(225度、11月7日) 小雪(240度、11月22日)
十一月 大雪(255度、12月7日) 冬至(270度、12月22日)
十二月 小寒(285度、1月5日)   大寒(300度、1月20日)
タイトルとURLをコピーしました