スポンサーリンク

ストライキ

ストライキというのは、労働者の争議行為で、

雇用側に対して労働をしないことで抗議することと定義され、

日本でも労働基本権として労働者に認められている権利です。

 

1990年代までは、結構行われており、

交通機関がストップするということが多々ありました。

 

最近ではほとんど行われなくなり、

ストライキという言葉自体が死語になりつつあります。

 

このストライキが少なくなったのは

旧国鉄などの国営サービス機関の民営化などや、

組合組織の弱体化などが理由として上がっていますが、

企業の雇用形態、労働者の組合への意識の変化など、

多岐にわたると考えられます。

 

現在の労働者の価値観をみても、

企業への帰属意識自体が希薄となっていますし、

働くことの価値観が個々に異なる時代となり、

団体行動が基本である労働組合への参加者が

減っているようです。

 

私たちの時代などは、電鉄のストがあると、

学校に行かなくても良いなどをメリットとして喜んでいたようにも思います。

 

2月24日は鉄道ストの日

1898年2月24日に日本初の鉄道ストライキが実施された日だそうです。

タイトルとURLをコピーしました