スポンサーリンク

自撮り棒 (セルカ棒)

自撮り棒とは、スマートフォンのカメラを利用して、撮影者本人、または同伴者を写真に写すために使われる棒のことを言います。

自撮り棒(じどりぼう)、セルカ棒、セルフィースティックと呼ばれます。

セルカというのは韓国語でこの棒のことをセルカポンということからついた呼び名と言えるでしょう。

自分撮りでは、自分の腕を伸ばし撮影するので、角度、範囲に限界があるため、それを補う形で開発されたとされています。

韓国で流行っているのが日本に入ってきたとも言われています。

カメラのタイマー機能を利用して撮るタイプと、無線式リモコンシャッターを用いて撮影するタイプの2種類があり、日本でも人気が出ています。

韓国ではこのセルカ棒のうち、電磁波適合認証を受けていないブルートゥースを使ったものは周辺機器に影響を与えるということで取り締まると発表し物議をかもしている。

もし使うなら、認可を受けているものを使ったほうが無難といえそうです。

タイトルとURLをコピーしました