スポンサーリンク

クロムなめし

その他

タンニンなめしという皮のなめし方法を前の記事で紹介しました。

皮本来の味わいを持ったまま手間をかけてなめす方法ということは理解していただけたでしょう。そうして出来上がった革は、使い込んでいくうちに独自の味わいを持ったものになるわけです。

一方で水に弱い、なめすのに時間と手間がかかり、一気にできないということもあり、新しい方法として考えられたなめし法にクロムなめしというものがあります。

これは金属のクロムの化合物を用いてなめす方法でタンニンなめしに比べると時間と手間が節約でき安価に出来るため現在では8割方が子のなめし法を使っているといわれています。

特徴としては
・伸縮性柔軟性を維持できる
・水に強くなる
・色をつけやすい
などがあげられます。

このクロムなめしで作られた革のうち
財布にする革として人気なのがボックスカーフと言われる
子牛の皮で中でもドイツの痰ナーで作られるクリスペルカーフは
特に上質で女性には人気があります。

タイトルとURLをコピーしました