スポンサーリンク

成長ホルモンとは

成長ホルモンは、身長をを伸ばしたり

心身を健康な状態に保ったりするのに大切な役割を果たします。

 

成長ホルモンが不足している状態の場合

薬として使うとよい効果を生み出すことができますが、

不適切な使い方では、効果が全くないか、

むしろ身体に害になることもあります。

 

成長ホルモンは、

脳の底面にある脳下垂体で作られ

血液中に分泌されるホルモンで、

192個のアミノ酸がある法則で並んだ、

ペプチドと呼ばれるたんぱく質です。

 

 

ですから、成長ホルモンは、経口投与すると

胃で分解されるため効果はないとされています。

 

 

現在のところ、医学的には

注射で投与する以外の投与方法での有効性は認められないということです。

 

 

成長ホルモンは、

肝臓においてIGF-Iと呼ばれる成長因子を作らせ

血液中に放出させます。

 

 

同時に、成長ホルモンは、骨の成長板にも働き

骨を長軸方向に伸ばすことができます。

 

 

一般に、思春期の後半に成長板が完成すると、

成長ホルモンが働いてももう骨は長軸方向には伸びなくなります。

 

 

一方で、成長ホルモンは、一生の間分泌されていて、

脂肪組織や筋肉など全身に働いて代謝を調節し、

体の組成を正常な割合で維持し、

身体機能を正常に維持するとともに、

心理的な健康感を持たせる働きをしています。

 

 

つまり、成長ホルモンには成長に関する作用と

代謝をコントロールする作用があるわけです。

 

まとめると、

○成長に関する作用

主にIGF-1を介して起こり、

骨の伸長( 幼児期の骨端の軟骨細胞の分裂・増殖を促し、骨を伸張させる)、

筋肉の成長( 特定のアミノ酸の取り込みを促し、タンパク質合成を促進する)

作用をします。

○代謝に関する作用

成長ホルモンが直接作用する場合と、IGF-1を介す場合の両方で、

代謝促進( 炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進する)、

血糖値上昇( 肝臓でのグリコーゲン分解を促し、
また抗インスリン作用で、血糖値を一定に保つ)

恒常性の維持( カルシウム濃度などを一定に保ち、体内の恒常性を維持する)、

体脂肪動員の促進( エネルギー不足の状態の時、
脂肪組織から遊離脂肪酸の形で放出させる)

という作用をします。

 

 

 

成長ホルモンは寝ている間と運動後に分泌されるといわれ、

成長ホルモンの分泌を多くする為には下記の方法があります。

 

1. 運動をする

最近は格闘家や芸能人に人気な加圧トレーニングは、

通常の何千倍の成長ホルモンが分泌されるといわれます。

 

2.夕食時に良質な蛋白質を摂取する

炭水化物は、活動する朝と昼で取り、夜は少なめにする。

 

3.血糖値が高いと成長ホルモンは抑制されるため、夕食後に甘いものは取らない。

 

4.夕食後3時間以上たって(血糖値が下がって)から寝る。

眠る時も、とぎれないように熟睡し4時間は継続して寝る!

 

5. 睡眠時により多くの成長ホルモンを分泌させる為にサプリメントを利用する。

寝る前に取ると効果的なサプリメントは、
アミノ酸ーアルギニン、クルタミン、オルニチン、コイドロチンなどだそうです。

 

ピューリタンズプライド サプリ買うなら送料無料がお得!

タイトルとURLをコピーしました