スポンサーリンク

飲む日焼け止め

生活

最近、テレビでも取り上げられたりして話題になっている飲む日焼け止めというものがあります。

気になったので少し調べて見ました。

日焼けは紫外線が原因ということは良く知られていますが、この紫外線、実は3種類に分けることが出来るんですってね。波長の長い順にUVA、UVB、UVCとなっています。

波長の短いUVCが一番皮膚の内部にまで入りますので、コラーゲンを変性させて女性の大敵であるシミやしわを作ることになるんです。

次に波長の短いUVBは三種類の紫外線の中でも最もエネルギーが大きく、肌の表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こさせたりします。夏の海水浴などで日に当たったときひりひりしたり、水ぶくれが出来るのはこのUVBが原因です。その後、皮膚がんの原因となることもありますから注意が必要です。

一番波長の長いUVAはエネルギー量はさほど大きくありませんが、曇りの日でも日焼けしたり、窓越しでも日焼けしたりする原因となっています。このUVAが皮膚のメラノサイトに届くと、メラニン色素を作り出します。これが、肌が黒くなる原因です。

人間の細胞は防御反応を持っていることは知られていますが、このメラニン色素は紫外線を通しにくく、メラニン色素の生成は人の防御作用の一つなのですね。

ということで、日焼けの仕組みはわかっていただけたかと思います。

特に女性にとっては、シワ、シミ、肌荒れは防ぎたいものですから、紫外線の強い時期の対策は必要になるでしょう。

そのためのUVケアは必要ですね。

標題の 飲む日焼け止め という言葉は、少し誇張が入っているとは思いますが、要は紫外線のうちUVAがメラニン色素を生成する作用を抑える成分をサプリメントとして取り入れた物のようです。

飲むことによって、メラニン色素の生成が抑えられれば、皮膚の色が濃くなることを止められますが、体内の防御反応を抑えるとも考えられます。

また、UVBやUVCをカットしているわけではありませんから、飲む日焼け止め だけで紫外線対策が済んでいるというのは間違いのようにも思えますね。

詳しいことは、さらに調べないといけませんが、色が黒くならないようにということではなく、紫外線対策をしっかりと考えるなら、日焼け止めクリームなどしっかりとすべての紫外線をカットできるものを使ったり、帽子や手袋など肌を覆うということを合わせたほうが良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました