スポンサーリンク

食育とは

国が平成17年に施行した食育基本法に基づき、

国民が生涯にわたって健全な心身を培い、

豊かな人間性を育むことができるように食を考えるものです。

 

食育は、生きる上での基本であって、

知育・徳育・体育の基礎となるものであり、

様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、

健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。

 

 

日常の問題として、

(1)「食」を大切にする心の欠如

(2)栄養バランスの偏った食事や不規則な食事の増加

(3)肥満や生活習慣病(がん、糖尿病など)の増加

(4)過度の痩身志向

(5)「食」の安全上の問題の発生

(6)「食」の海外への依存

(7)伝統ある食文化の喪失

などがあげられています。

 

 

国はその施策全体の基本的方向を明らかにした「食育推進基本計画」を定め、

その総合的な推進を行っています。

例えば、

家庭や学校・保育所等における食育

地域における食生活の改善の取り組み

生産者と消費者との交流促進

食文化の継承のための活動支援

など様々な関係者と連携しながら、

食育が推進されています。

 

 

家庭においては、

私たち親が家庭生活を通じて、

子供たちに、食べものの大切さ、ありがたさ、日本の食文化などを

教え、私たち自身も再確認しながら生活することが大切ですね。

タイトルとURLをコピーしました