スポンサーリンク

お屠蘇

お屠蘇とは

お正月に屠蘇器といわれる酒器で、元旦を祝う風習のことですが、

みなさんのお宅ではお屠蘇を家族そろっていただいていらっしゃいますでしょうか?

 

 

この「お屠蘇」とは、酒やみりんで十種類近くの生薬を合わせたものを浸け込んだ一種の薬草酒です。

その生薬を、正式には屠蘇延命散と言い、漢方薬の一つとされています。

 

本来の生薬ですと、医薬品になりますので、最近では、その材料のうち、薬効の強いものを排除し、
万人が飲めるよう食品としての屠蘇散として、
売ったり、みりんなどの商品におまけとしてつけているものもあります。

 

「屠蘇」と難しい漢字を書きますが、「屠」は「屠(ほふ)る」、
「蘇」は「病をもたらす鬼」という意味をもち、屠蘇で鬼退治を意味します。

また、「屠」は「邪気を払う」、「蘇」は「魂を目覚め蘇らせる」という意味となると解釈する場合もあるようです。

 

どちらにしても邪気を払い、無病長寿を祈り、心身ともに改まろう、
という願いを込めてお正月にいただく縁起のお酒です。

お正月にお屠蘇を飲む習慣は、もともと中国で始まったと言われ、
日本には平安時代に伝わり、
嵯峨天皇の頃に宮中の正月行事として始められ、
江戸時代には一般に広まり、正月三が日や祝い事の日に、
疫病邪気を払い、長寿幸福を得る儀式となったとされます。

 

昔は、各家庭で生薬を調合し赤い三角の袋に入れ、
大晦日から井戸に吊し、元旦の朝にお酒にしばらく浸して飲んでいたそうですが、
明治以後は、薬種屋で売られるようになり、
現在ではお酒の代わりに甘味のあるみりんも使われるようになったそうです。

 

●お屠蘇に使われる生薬の働き

屠蘇散に配合される生薬は、
薬としての配合は基本がありますが、
薬としてではなく食品として扱われていることのほうが多いので、
基本的には効用をうたえません。

 

だいたい白朮(びゃくじゅつ)、防風 (ぼうふう)、桔梗 (ききょう)、
陳皮(ちんぴ)、桂皮(けいひ)山椒(さんしょう)、大黄(だいおう)などが
配合されるのですが、大黄を省いたものが多いようです。

 

漢方薬としての屠蘇散の効能は、
おおむね健胃、吐き気止め、利尿、抗菌、咳止め、風邪予防、
血液浄化、発汗促進、下痢止めなどと言われています。

 

健胃薬や、初期の風邪にも効くことから風邪予防の薬としても飲まれてたそうです。

 

寒い時期、また普段より食べ過ぎ、飲み過ぎが多くなるお正月に、
ごちそうとあわせて飲むのは、単なる儀式だけでなく、
日本人の生活の知恵ともいえるでしょう。

 

屠蘇散は薬局や漢方薬店などでも売っていますが、
鍼灸院など東洋医学療法に関わる先生で、
漢方知識の高い方などは、患者さんに年末の挨拶として配られるケースもあるようです。

 

お屠蘇の作り方

昔は、大晦日の晩に、屠蘇散が入った三角形に縫った赤い絹の袋を
井戸の内側に吊るしておき、元旦の早朝に取り出して、
酒もしくはみりんに浸したといいますが、
井戸のある家庭などありませんよね。

市販の屠蘇散1包みを、指示書に従い、
本みりんか日本酒に数時間程浸します。
後は包みを取り出してできあがりです。

お子さんも一緒の場合はみりんだけでもよいですし、
お酒が苦手な方は日本酒&本みりんをブレンドにしてもよいでしょう。

 

●お屠蘇の飲みかた

元旦の朝、若水(元旦の早朝に汲んだ水)で身を浄め、
初日や神棚、仏壇などを拝んだあと、家族全員そろって新年の挨拶をします。

そして、雑煮やおせち料理をいただく前に、
お屠蘇を飲みます。

 

そのとき使われる酒器は、朱塗りまたは白銀や錫などのお銚子と、朱塗りの三段重ねの盃となります。

お屠蘇をいただくときには、一家揃って東の方角を向きます。

普通、宴席では、年長者から盃を下げていきますが、
お屠蘇は逆に、年少者から年長者へと盃を順にすすめます。

これは、若者の精気を年長者に渡すという意味合いが含まれています。

 

そして、飲むときには
「一人これを飲めば一家苦しみなく、一家これを飲めば一里病なし」と
唱えるのが正式です。

 

また、お屠蘇は、元旦の朝に家族だけで飲んでおわりのものではありません。
正月三箇日の来客には、
最初にお屠蘇をすすめて新年のお祝いの挨拶を交わすのが礼儀とされています。

 

私も、一昔前(昭和期)に、父と一緒に父のおじさんの家に新年の挨拶に行った折に、
まず、お屠蘇を飲み、ご挨拶をして、お年玉をいただいた記憶があります。

 

タイトルとURLをコピーしました