スポンサーリンク

コレステロール

体内にある脂質(脂肪)の一つで、
細胞や細胞膜の重要な構成成分です。

ステロイドホルモン、性ホルモン、胆汁酸などの
材料としても生命維持に重要な成分となっています。

主に肝臓で作られますが、
食物からも取り入れることは可能です。

HDLコレステロールとLDLコレステロールの2種類が有名で
善玉コレステロール、悪玉コレステロールとしてご存知でしょう。

HDLコレステロールが善玉コレステロールと呼ばれています。

このコレステロールは「高比重リポたんぱく」とも呼ばれ、
全身の組織にある余分なコレステロールを取り込んで
肝臓内に回収する働きがあり、
動脈硬化を予防するという働きから
善玉と呼ばれています。

HDLコレステロールが減ると、
未回収のコレステロールが増え、
動脈硬化が進む原因となります。

HDLコレステロールが血液中40mg/dL未満となると
低HDLコレステロール血症となり、脂質異常症となります。

一方のLDLコレステロールは
悪玉コレステロールと言われます。

このコレステロールは、「低比重リポたんぱく」とも呼ばれ、
各臓器にコレステロールを運ぶ働きをしています。

LDLコレステロールが増えると、
余剰なコレステロールが血管の組織に蓄積してしまい、
動脈硬化を引き起こす原因となるので
「悪玉コレステロール」と呼ばれます。

血中のLDLコレステロールが、140mg/dL以上となると、
高LDLコレステロール血症と呼ばれ、
脂質異常症のひとつとなります。

血中のLDLコレステロールが、120-139mg/dL の範囲の場合
境界域高LDLコレステロール血症とよばれ注意が必要になります。

タイトルとURLをコピーしました