スポンサーリンク

心血管病の危険因子

医療

心血管病といういのは、

字があらわすとおり、心臓や血管などの循環器に

起こる疾患。

動脈硬化が原因で、血管が詰まる、又は膨らんで破れるなどで

重篤な症状を引き起こします。

「脳梗塞」「心筋梗塞」「狭心症」「頚動脈狭窄症」

「閉鎖性動脈硬化症」「静脈血栓塞栓症」「リンパ浮腫」

などが詰まったことによっておこり、

「脳出血」「胸部大動脈瘤」「腹部大動脈瘤」

「下肢静脈瘤」などが膨らんで起こる疾病です。

これらを起こす原因、因子と考えれているのが

高血圧(収縮期血圧140mmHg以上かつ拡張期血圧90mmHg以上)

に加え、加齢(65歳以上)、喫煙、脂質異常症、

肥満、メタボリックシンドローム、若年(50歳未満)発症の心血管病の家族歴

があげられ、その複合の仕方によって危険リスクが定められています。

もちろん、糖尿病、臓器障害/心血管病、などとの合併症があると

そのリスクは高く設定されています。

タイトルとURLをコピーしました