スポンサーリンク

大学ノート

日本の文化・歴史

大学ノート、大学芋、大学目薬。

大学というのは東京大学のことらしいですが、ひとつの信頼、ステータスとしてこの大学とう言葉が使われたようです。

今でも大学が最高学府であることには変わりないですが、東京大学も世界の大学のランキンでは、上位から落ちていますし、昔の栄光と言われそうです。

 

中学生くらいまでは、ノートを使う人も多いですが、使い人の割合は年齢が上がるとともに少なくなっているようですね。ビジネスマンでも、手帳やノートを使う人は年齢層が上の人のようで、現在はスマートフォンやタブレットがスケジュール管理や、メモ帳として使う人が多いとか。

 

一昔前までは文字を書く事で、記憶していた人も多かったですが、記憶するのにどのような方法が効果的なのでしょう。

 

授業も、パソコンやタブレットなどを使い、スクリーンに事前に用意された資料が映し出され進んでいくようです。教える側も、黒板を使わず、資料を説明することで進んでいくようですから、文字を書く機会がどんどんと少なくなっているようです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました