スポンサーリンク

おせち料理の材料の意味

おせち料理の料理名、材料の意味

黒 豆 (黒豆の煮物):
黒は道教において邪除けの色とされており、
黒く日焼けするほど達者(マメ)に働けるようにと
邪気を払い長寿と健康(無病息災)を願ったものとされ、
「一年中まめ(元気、勤勉)に働けますように」との意味を込めて入るとされます。

数の子(ニシンの魚卵):
数の子は卵の数が多く、
また、親魚のニシンは「二親」に通じ、
五穀豊穣と子孫繁栄を願ったとされます。

田作り(イワシの幼魚の佃煮):
カタクチイワシを田の肥料としていたころ、
五万俵ものコメが収穫できたとのいわれに由来しているとされます。
別名の「ごまめ」は「五万米」であり「田作り」の名とともに、
五穀豊穣を願うものとされます。

紅白蒲鉾(紅白二色のかまぼこ):
元は神饌の赤米、白米を模したもので、
紅白の色、形状が初日の出の形に似ており縁起がよく、
赤色は魔除け、白色は清浄を意味しています。

伊達巻:
「伊達」の由来は華やかさや派手さを表す言葉で、
その伊達は、伊達政宗の派手好きに由来するというような説もあります。
見た目も豪華なので、御節の定番となっています。
卵焼きやだし巻を代わりに使用することもあるようです。
巻物(書物)に似た形であることから文化・学問・教養を持つことを願う縁起物と
されています。

搗ち栗・栗きんとん:
搗ち栗(かちぐり)は栗の実を搗いたもので、
栗金団は栗餡や芋餡を練ったきんとんです。
搗ち栗は「勝ち」に通じることに由来し、
「金団」とは金色の団子という意味で、
金銀財宝を意味しており金運を願ったものとされています。

お多福豆:
ソラマメの大粒の種で、一寸豆ともいい、
皮のまま鉄釜または鉄剤を使って甘く煮込み,黒く煮込んだものです。
文字通り福が多からんことを祈願したものです。

紅白なます
大根と人参を用いたなます料理です。
祝いの水引をかたどったもので、おめでたい意味があります。

ちょろぎ
植物の根をシソ酢で赤く染めたものです。
多くの場合、黒豆と一緒にに盛り付けられます。
「長老木」あるいは「長老喜」の字をあて長寿を願うとされます。

酢蓮(すばす):
レンコンの酢の物です。
穴が多数ある蓮根は将来の見通しがきくという意味の縁起かつぎす。

鰤の焼き物
ブリが出世魚であることにあやかったもので、出世を祈願しています。


鯛の焼き物
「めでたい」の語呂合わせとされています。

海老の焼き物
ひげが長く腰が曲がった海老は長寿の象徴であると考え、
長生きできるようにとの意味を込めて用います。
また、海老は脱皮することから生命の更新を意味するもの、
または、脱皮を繰り返していくことから出世を願うものとされます。
伊勢海老を使うことが多かったのですが、
高価であるため、クルマエビなどが使用されています。

鰻の焼き物
鰻登りから出世を祈願します。近年になってから見られるようになりました。

里芋
八ツ頭ともいいます。
親イモが大きいことに因んで、頭(かしら)になることを願い、
もの子芋がたくさん付くことから、子宝を祈願します。

くわい
最初に大きな芽が一本出ることから「めでたい」にかけたとか、
芽が出ることから出世を祈願したものとされています。
また、古くは平仮名の「か」を「くわ」と表したので、
くわい=かい=快から、一年を快く過ごせるようにという意味がこめられたといいます。

そのほか、武家時代のなごりとして、

陣笠椎茸
(椎茸)煮しめの材料の一つとして供され、
陣笠椎茸は椎茸の傘を陣笠に見立てたものとされます。

楯豆腐(豆腐)
これも煮しめの材料の一つで、楯豆腐とは、豆腐に焼き目を付けて楯に見立てたものです。


手綱こんにゃく(コンニャク)
手綱こんにゃくとは、女性ならご存知ですが、板こんにゃくに包丁を入れ、
くるくると回して、作ったもので煮しめの材料の一つです。
手綱こんにゃくはコンニャクを手綱に見立てたものとされています。

まだまだ、あると思いますが、このあたりで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました