スポンサーリンク

おせち料理の由来

日本の文化・歴史

お正月にはかかせないおせち料理。

華やかなお祝い料理として、お正月の保存食として、
おせち料理は日本のお正月には無くてはならないものです。

おせち料理とは、御節料理と書くように、
もともとは季節の変わり目とされる「節」に、
神に供え物をし、宴を開くという宮中行事に用いられていた料理といわれます。
御節供料理は、宮中から武家へと伝わり、
最終的には庶民の間にも伝承し、
お正月の「おせち料理」として定着しました。
その時代その時代で人々は、おせち料理に、戦いの勝利、豊作や家内安全、
子孫繁栄を願う意味を込めました。

料理の材料に様々な意味を持たせ、おせち料理として食したようです。

デパートや通販で、簡単におせち料理が購入できるようになった現代でも、
おせち料理に込められた意味は変わらないですので、
家族で食べながら、そうした意味を伝えていくのは、
日本人として心がけておきたいものですね。
御節料理の基本は、
祝い肴三種(三つ肴、口取り)、煮しめ、酢の物、焼き物です。
地方によって構成は異なるようです。


用いられる食材の意味は、三つ肴に用いられる食材を例に取ると

黒 豆 (黒豆の煮物):黒は道教において邪除けの色とされており、
黒く日焼けするほど達者(マメ)に働けるようにと
邪気を払い長寿と健康(無病息災)を願ったものとされ、
「一年中まめ(元気、勤勉)に働けますように」との意味を込めて入るとされます。

数の子(ニシンの魚卵):数の子は卵の数が多く、
また、親魚のニシンは「二親」に通じ、
五穀豊穣と子孫繁栄を願ったとされます。

田作り(イワシの幼魚の佃煮):カタクチイワシを田の肥料としていたころ、
五万俵ものコメが収穫できたとのいわれに由来しているとされます。
別名の「ごまめ」は「五万米」であり「田作り」の名とともに、
五穀豊穣を願うものとされます。

などとされており、おせち料理を作るときに、母から娘に、
おせち料理を食べるときに、親から子に伝えていきたい日本の心ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました