スポンサーリンク

松の内

最近は松の内という言葉自体が聞けなくなっていますが、
お正月期間に年神様が各家庭にいらっしゃる期間とも言われ、
松飾をする期間です。

現在では松飾自体をしない家庭も多くなりました。
正月というのは、一月のことですが、
そのうちの松の内というのは、
小正月の15日までを指していました。

 

あけましておめでとうございますという、
年始のあいさつをする時期でもあり、
初詣もこの松の内に済ませるものとされています。

 

この期間は、江戸時代に、

松の内を7日までとするようになり、
これが一般化したといわれています。

 

関連として、鏡開き、とんどやきなどがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました