スポンサーリンク

招き猫の誕生

日本の文化・歴史

招き猫といえば、福をまねく、人を招くといい、

縁起を担いで、店先に置くとかいう商店も多いですね。

招き猫が誕生したのは、江戸時代という説が多く、

お寺や神社で奉納されているようです。

猫は、人間にとっての大事な友達というのが現在ですが、

人の生活に密着していたのは昔からで、

猫のしぐさなどが、

生活の中に取り入れられているようにも思えます。

江戸時代にあった遊郭で、遊女が客を招く姿をルーツとするという説もあったり、

猫が顔を洗うと雨が降るので、農家にとって縁起がよいというような説もあります。

どれが正しいというのでなく、

人の生活に密着しているということは、理解できます。

招き猫が出来たのは、

江戸時代末期とされていますが、

招き猫研究家の人たちに寄れば、

江戸時代にいまのような姿を見ることは出来ないといいます。

信用できる説としては、

伏見稲荷の稲荷山の土の信仰、

蚕神である稲荷神への信仰からネズミよけの猫の土偶、

性神である稲荷神への信仰から遊郭の神棚に客を招き商売繁盛の縁起物、

これらが集合し、幕末に京都伏見で生まれたというものです。

明治になると日本各地で招き猫を見ることができます。

大阪では住吉神社、東京の新橋、

そして、明治の中期には郷土玩具、貯金箱(1銭銅貨を入れる)が出回り、

遊郭、芸者屋、料理屋の神棚には招き猫を置くことがはやっていたといわれています。

実際、今のような招き猫が生産されるようになったのはいつかということは

はっきりしません。

2頭身の招き猫の生産は愛知の常滑から発祥し、

昭和になって、全国の窯元に広がったといわれています。

最近ではさらにさまざまな招き猫が登場しています。

タイトルとURLをコピーしました