スポンサーリンク

食事の挨拶

日本の文化・歴史

食事の挨拶というと
「いただきます」と「ごちそうさま」ですね。

「いただきます」という言葉の中の「いただく」は、
本来、神様にお供えしたものを食べるときや、
位の高い方から物を受け取るときに頭の上(頂:いただき)に掲げたことから、
「食べる」「もらう」の謙譲語として使われるようになったそうです。

これが、食事をするときの挨拶となったようです。

神道では、一拝(礼)一拍して、
「穀(たなつもの) 百(もも)の木草(きぐさ)も
天照(あまてら)す 日の大神(ひのおおかみ)の 恵(めぐ)み得(え)てこそ」
という和歌を詠い、礼をしながら「いただきます」と言うのが正式な作法です。

 

「ごちそうさま」は漢字で書くと「御馳走様」となります。
この中の「馳走」というのは、走り回るということで、
食事の準備をするために走り回って食材を集めることを指しています。

これに丁寧語の「御」がつき「御馳走」がもてなすという意味、
豪華な料理という意味をもつようになり、食事のあと「さまでした」をつけ、
挨拶の言葉になったようです。

 

神道では、一拝(礼)一拍して、
「朝よひに 物(もの)くふごとに
豊受(とようけ)の 神のめぐみを 思へ世の人」
と、和歌を詠い、礼をしながら「ごちそうさまでした」というのが正式な作法です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました