スポンサーリンク

天孫降臨

日本の文化・歴史

日本の神話、古事記・日本書紀において、高天原(天上界)と葦原の中つ国(地上界の日本)が分かれており、天上界と地上界を結ぶ天の浮橋から伊邪那岐神と伊邪那美神がオノゴロ島を作り、国生み、神生みをしたことはご存知のとおり。

 
その後、葦原の中つ国で、様々な神々が行ったことが言い伝えられて神話が出来上がっています。

 
その中で、葦原の中つ国が大国主の命によって一旦統一された折に、本来は葦原の中つ国を治めるのは天上界の神の仕事であるとし、天照大神から使者が出されます。

何度かのドラマが繰り返されますが最終的に大国主命が葦原の中つ国を譲ることを同意し、天照大神の孫に当たる邇邇芸命(ニニギノミコト)を総司令官とし配下にも天つ神を従えて、葦原の中つ国の日向高千穂に宮殿を建て統治を始めることを天孫降臨と呼んでいます。

 
この邇邇芸神から4代目にあたる若御毛沼命(ワケミケヌノミコト)別名=神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコノミコト)が初代天皇の神武天皇となります。

 

タイトルとURLをコピーしました