スポンサーリンク

端午の節句

日本の文化・歴史

5月5日は端午の節句で、こどもの日。

端午の節句とは

端午というのは付きのはじめの午の日とういことで、季節の変わり目の病気や厄を避けるために行われた行事の一つで、もともとは中国にあった、この日に薬草を積んだり、蘭を入れた湯を浴びたり、菖蒲を浸した酒を飲んだりという風習が日本に伝わり、日本の宮廷でも奈良時代から様々な行事を行うようになったといいます。
厄よけの菖蒲をかざり、皇族や臣下の人たちには蓬(よもぎ)などの薬草を配り、また病気や災いをもたらすとされる悪鬼を退治する意味で、馬から弓を射る儀式もおこなわれたようです。

武士の時代になってからは、「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を尚武の節日として盛んに祝うようになったといわれます。

江戸時代になると、5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになり、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝ったといわれています。

このような時代の変遷のなかで、薬草を摘んで邪気をはらうという端午の行事が、男の子の誕生の祝いへと結びついていったと考えられます。

現在でも、端午の節句のお飾りは地方によってさまざまです。

鎧や兜、武者人形、馬や虎・若武者の人形、鯉のぼりや旗のデザインもそれぞれことなったものが飾られています。

端午の節句の食べ物としては、柏餅やちまきを思い浮かべます。これらは、日本で最も古いお菓子の形をのこしたものといわれています。

菖蒲湯

菖蒲湯

価格:1,890円(税込、送料別)

5月3日:流鏑馬(やぶさめ)神事
下鴨神社 京都市左京区下鴨

5月5日:神幸祭
宝鏡寺(人形寺) 京都市上京区
八大神社 京都市左京区一乗寺
祟導神社 京都市左京区上高野
鷺森神社 京都市左京区修学院

5月5日:鳴弦(めいげん)ひきめ神事、歩射(ほしゃ)神事
下鴨神社 京都市左京区下鴨

5月5日:賀茂競馬(くらべうま)
上賀茂神社 京都市北区上賀茂

5月5日:端午節句大護摩供養
赤山禅院 京都市左京区修学院離宮

5月5日:武道奨励祭
白峯神宮 京都市上京区今出川通堀川東

5月5日:地主祭(神幸祭)
地主神社 京都市東山区清水

5月5日:藤森祭(駈馬(かけうま)神事)
藤森神社 京都市伏見区深草

5月5日:今宮祭(神幸祭)
今宮神社 京都市北区紫野

5月5日~6月30日:小楠公大よろい着初式
宝筺院 京都市右京区嵯峨

5月第2日曜日:新日吉(いまひえ)祭
新日吉神社 京都市東山区妙法院

5月上旬
あやめ
東福寺 京都市東山区本町

かきつばた
大田神社 京都市北区上賀茂
大原野神社 京都市西京区大原野
梅宮大社 京都市右京区梅津

5月中旬
あやめ
詩仙堂 京都市左京区一乗寺
平等院 京都府宇治市
法然院 京都市左京区鹿ケ谷

かきつばた
勧修寺 京都市山科区勧修寺
平等院 京都府宇治市

6月上旬
花しょうぶ
京都府立植物園 京都市左京区下鴨
平安神宮 京都市左京区岡崎
浄瑠璃寺 京都府相楽郡加茂町

6月下旬
花しょうぶ
実光院 京都市左京区大原
平安神宮 京都市左京区岡崎
法金剛院 京都市右京区花園

など

コメント

タイトルとURLをコピーしました