日本の文化・歴史

スポンサーリンク
日本の文化・歴史

春財布

財布を変えるに適した時期があるといわれます。風水などで語られていますが、語呂合わせ的なものもあるようです。
今日は何の日

2・26事件の日

日本史の昭和史で 2・26事件のことを知った人も多いでしょう。 詳しくは、教科書等を紐解いていただくとして、 軍隊というのは、国(天皇)を守るという大儀の元で、 思想、主義の統一化が測りやすいということもあり、 ...
今日は何の日

苗字

日本人の苗字というのはむつかしいです。 同じ読み方でも異なる漢字も多いし、 同じ漢字でも読み方がことなるなど、 組み合わせは数限りなくありそうです。
スポンサーリンク
今日は何の日

紀元節

大政奉還により、明治政府が、 日本の初代の天皇とされる桓武天皇が即位した日を 新暦に換算し2月11日としたんだそうです。
日本の文化・歴史

素盞嗚神社 スサノオ神社

素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)は日本各地にあり、 素盞嗚、素盞雄、進雄、須佐男、須佐之男、須佐能袁などと表され、 総本社は京都の八坂神社または広峯神社となっています。
日本の文化・歴史

七十二候とは、

七十二候(しちじゅうにこう)というのは、二十四節気とおなじく、 中国で考案された季節をあらわす方法の一つで、 二十四節気をさらに、約5日ずつの3つの期間に分けたものです。
日本の文化・歴史

鏡開き

松の内が終わり、 お正月に神様に供えた鏡餅を下げ、 家族で食べることを鏡開きといいます。
日本の文化・歴史

松の内

最近は松の内という言葉自体が聞けなくなっていますが、 お正月期間に年神様が各家庭にいらっしゃる期間とも言われ、 松飾をする期間です。
日本の文化・歴史

七草かゆ

五節句の一つ、1年で最初の節句である人日の節句の行事食でもある七草粥。 正月のご馳走で疲れた内臓に優しいおかゆです。
日本の文化・歴史

おせち料理の材料の意味

おせち料理の料理名、材料の意味 黒 豆 (黒豆の煮物): 黒は道教において邪除けの色とされており、 黒く日焼けするほど達者(マメ)に働けるようにと 邪気を払い長寿と健康(無病息災)を願ったものとされ、 「一年中まめ(元気、勤勉...
タイトルとURLをコピーしました