スポンサーリンク

コチの洗い

グルメ

魚の刺身の食べ方で洗いというのがあります。

コチ、スズキ、ボラなどの海水魚から、淡水魚の鯉などの洗いも有名です。

魚の身を薄作りにして、氷水で洗い、匂いや余分な脂を落とし、水気を取って食します。

この洗いは活かった魚でないとできないということはあまり知られていません。

 

魚は〆てすぐから、身の劣化は始まります。

活かった状態とは、魚が死んでから、死後硬直が始まるまでの状態で、鮮魚に対して鮮鮮魚という言い方もされます。生きている状態で、きちんと急所を刺し、即死状態に出来て、低温で保存されると死後硬直までの時間が長くなります。

死後硬直までの時間は、こうした〆方とその後の保存状態で差があり、数分から数時間の開きがあります。

ですから、洗いで食べる魚は、生簀などで生かした状態から処理されることが多いようです。

釣人の中には、野〆をして、きちんと冷蔵保存し持ち帰れば、スズキやコチを洗いで食べれることが出来るわけですね。

 

タイトルとURLをコピーしました